• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

管窺蠡測の解説 - 学研 四字熟語辞典

見識がきわめて狭いことのたとえ。
注記
「管窺」は、細い管くだを通して天を見ること。「蠡測」は、小さなホラ貝で海の水を測ること。「管かんもて窺うかがい蠡れいもて測はかる」と読み下す。略して「管蠡かんれい」ともいう。
出典
『文選もんぜん』東方朔とうぼうさく「答客難きゃくのなんずるにこたう
類語
坎井之蛙かんせいのあ 区聞陬見くぶんすうけん 全豹一斑ぜんぴょういっぱん 用管窺天ようかんきてん
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。