• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

区聞陬見の解説 - 学研 四字辞典熟語

学問や見識がきわめて狭く、かたよっていること。
注記
「区」は、小さいこと。「聞」も「見」も、見識のこと。「陬」は、かたよる。「陬見」は、かたよった見識のこと。自分の学問や見識を謙遜する場合にも用いることば。
表記
「区聞」を「区分」と書きちがえない。
類語
管窺蠡測かんきれいそく 坎井之蛙かんせいのあ

キーワード[見識]の四字熟語