• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

衆寡不敵の解説 - 学研 四字熟語辞典

数が少ないことは不利であるということ。多くの敵と戦うには、味方の人数が少なく、勝ち目がないという意味。
注記
「衆」は、数が多いこと。「寡」は、数が少ないこと。「不敵」は、敵対することができない。相手にならない。「衆寡しゅうかてきせず」と読み下す。「多勢たぜいに無勢ぶぜい」と同意。
出典
『魏志ぎし』張範ちょうはん
用例
たとい世間がどう云おうと、余一人はやはり昔の通り是公是公と呼び棄てにしたかったんだが、衆寡敵しゅうかてきせず、やむをえず、せっかくの友達を、他人扱いにして五十日間通して来たのは遺憾いかんである。〈夏目漱石・満韓ところどころ〉

キーワード[勝敗]の四字熟語

キーワード[数量]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。