京都市北区にある鹿苑寺の通称。足利義満の別荘北山殿 (きたやまどの) を、義満の死後、遺言により禅寺としたもの。応永4年(1397)3層の舎利殿を建立し、内外に金箔を押したところから、金閣とよばれた。応仁の乱で金閣以外の建物は焼失し、金閣も昭和25年(1950)の放火で焼失、のち再建された。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。
浄瑠璃「祇園祭礼信仰記」の四段目の通称。
三島由紀夫の長編小説。昭和31年(1956)刊行。昭和25年(1950)に起きた放火事件を題材に、金閣を美の象徴とする青年がさまざまな感情を経て放火に至るまでを描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:gooニュース