• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

阮籍青眼の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

阮籍は俗世にこだわらない人であったが、自分の気に入った人は黒い目で迎え、世俗にとらわれた気にいらない人には白い目で応対したこと。▽「阮籍」は中国三国時代の魏の人。竹林ちくりんの七賢しちけんの一人。老荘ろうそうの学を好み、世俗の儒教道徳をきらって、そうした人たちを白眼視した。『蒙求もうぎゅう』の一句。
出典
『晋書しんじょ』阮籍伝げんせきでん
類語
白眼青眼はくがんせいがん

阮籍青眼の解説 - 学研 四字熟語辞典

人を心から歓迎すること。
注記
「阮籍」は、人の名。中国三国時代、魏の詩人。「青眼」は、黒い目の意。阮籍が気に入った人を黒い目で迎えたという意から。
故事
阮籍は世俗的なことを嫌い、自分が気に入った人は黒い目で迎え、気に入らない人には白い目で応対したという故事から。
出典
『晋書しんじょ』阮籍げんせき

キーワード[交際]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。