• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

震天動地の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

大事件が起こることの形容。勢いや音などが、人を驚かすほどに激しく大きいさま。天地を震動させる意。また、そのような大音響や大騒動のこと。▽「天てんを震ふるわし地を動うごかす」と訓読する。
出典
『水経注すいけいちゅう』河水かすい
句例
震天動地の大事件
用例
その裾野すそのの一角にあって、咲耶子さくやこがふったただ一本の笛の先から、震天動地の雲はゆるぎだした。<吉川英治・神州天馬侠>
類語
驚天動地きょうてんどうち 震地動天しんちどうてん 震天駭地しんてんがいち
活用形
〈―スル〉

震天動地の解説 - 学研 四字辞典熟語

驚くべき大事件や大異変が起きたことの形容。人が驚くほどに、勢いや騒ぎが激しいこと。天地が振動するという意味。また、大音響のこともいう。
注記
「天てんを震ふるわし、地を動うごかす」と読み下す。
出典
『水経注すいけいちゅう』河水かすい
類語
撼天動地かんてんどうち

震天動地の解説 - 小学館 大辞泉

天地を震動させること。威力・反響などの大きいこと。驚天動地。「震天動地の出来事」

[喜怒哀楽を表す/驚く・慌てる・焦る]カテゴリの四字熟語

キーワード[異変]の四字熟語

キーワード[音]の四字熟語

キーワード[災難]の四字熟語