• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 地方伝道のために、高野山から派遣された回国の僧。学侶方 (がくりょがた) ・行人方 (ぎょうにんがた) に対して、聖方 (ひじりかた) のこと。のちには、高野山の下級の僧。また、その服装をした乞食僧 (こつじきそう) 。

  1. タガメの別名。 夏》

[補説]書名別項。→高野聖

泉鏡花の小説。明治33年(1900)発表。飛騨の山中を舞台に、高野の旅僧と魔性の美女との出会いを、夢幻的に描く。