出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ね」は鳴き声の擬声、「こ」は親愛の気持ちを表す接尾語》

  1. 食肉目ネコ科の哺乳類。体はしなやかで、足裏に肉球があり、爪を鞘に収めることができる。口のまわりや目の上に長いひげがあり、感覚器として重要。舌はとげ状の突起で覆われ、ざらつく。夜行性で、目に反射板状の構造をもち、光って見える。瞳孔は暗所で円形に開き、明所で細く狭くなる。単独で暮らす。家猫はネズミ駆除のためリビアヤマネコやヨーロッパヤマネコなどから馴化 (じゅんか) されたもの。起源はエジプト王朝時代にさかのぼり、さまざまな品種がある。日本ネコは中国から渡来したといわれ、毛色により烏猫虎猫三毛猫斑 (ぶち) 猫などという。ネコ科にはヤマネコトラヒョウライオンチーターなども含まれる。

  1. 《胴を猫の皮で張るところから》三味線のこと。

  1. 《三味線を弾くところから》芸妓のこと。

    1. 「―が一枚とびこむと、八右衛門がしらまで、浮気になってがなりだす」〈魯文安愚楽鍋

  1. 猫火鉢」の略。

  1. 猫車」の略。

[補説]作品名別項。→