出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. の働き事の一。修羅物で戦闘の苦患 (くげん) 、狂女物で狂乱のさまなど興奮状態を表す。また、その囃子 (はやし) 。大鼓・小鼓に笛をあしらう。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。1が転じたもの。大鼓・小鼓に能管を吹き合わす。物狂いの登場、時代物の武将の急な出入り、合戦の立ち回り、だんまりなどに使用。かけいり。

  1. 連歌俳諧で、趣向や表現に鋭い働きが感じられること。

    1. 「句の―、事あたらしさ、まことに秀逸の句なり」〈去来抄・先師評〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉