寒中に冷水を浴びて心身を清め、神仏に祈願すること。「―をとる」 冬》「―にせなかの竜の披露かな/一茶」→垢離 (こり) 

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語

出典:青空文庫