• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

志大才疎の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

志は雄大だが、それに見合った才能に欠けること。▽「疎」はあらい、まばらの意。「疎」は「疏」とも書く。
出典
『後漢書ごかんじょ』孔融伝こうゆうでん
用例
氏は志大才疎、大仏のような輪郭りんかくの大きい人間で、その言うところは不得要領<山路愛山・現代富豪論>
類語
眼高手低がんこうしゅてい 才疎意広さいそいこう 志大智小しだいちしょう

志大才疎の解説 - 学研 四字熟語辞典

大きな野望や夢は持っているが、それを達成できる能力がないこと。志は雄大であるのに、それに見合った力量や才能に欠けていること。
注記
「疎」は、まばらで粗いさま。
表記
「疎」は、「疏」とも書く。
出典
『後漢書ごかんじょ』孔融こうゆう
類語
眼高手低がんこうしゅてい
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。