• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

春秋筆法の解説 - 学研 四字熟語辞典

間接的な原因を、あたかも直接的な原因として表現することで、真理をつく方法。間接的な原因や結果も踏まえて批判すること。また、厳しく公正態度で、鋭い批判を繰り広げること。
注記
『春秋』は、儒教の経典けいてんの一つで、孔子こうしがまとめたという年代記。その簡単な記述や表現の裏に、孔子の厳しい歴史批判があるとされ、さまざまな解釈が出た。「春秋の筆法をもってすれば」などと用いられる。
類語
一字褒貶いちじほうへん
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。