• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

枯木寒巌の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

世俗に超然とした悟りの境地のたとえ。枯れた木と冷たい岩の意から。仏教、特に禅宗で「枯木」「寒巌」を、情念を滅却した悟りの境域にたとえる。また、情味がなく冷淡で取っつきにくい態度・性質などのたとえに用いられることもある。▽「巌」はいわお。高く大きな石。「寒巌枯木かんがんこぼく」ともいう。
類語
寒灰枯木かんかいこぼく 槁木死灰こうぼくしかい 枯木死灰こぼくしかい

枯木寒巌の解説 - 学研 四字熟語辞典

①世俗を離れた淡々とした心境のたとえ。②人が冷たく、そっけないさま。
注記
「枯木」は、枯れ木。「寒巌」は、冷たい岩。「寒巌枯木かんがんこぼく」ともいう。

枯木寒巌の解説 - 小学館 大辞泉

枯れた木と冷たい岩。情味がないことの形容に用いられる。

「元来主人は平常―の様な顔付はして居るものの」〈漱石吾輩は猫である

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。