1. 木・金属などの円形の胴に心棒を通し、それを中心として手やひもで回転させて遊ぶ玩具。唐 (とう) ごまべいごまなど種類は多い。こまつぶり。 新年》「たとふれば―のはじける如くなり/虚子

  1. 固定された一点のまわりを自由に回転できるようになっている剛体。

  1. 紋所の名。1をかたどったもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

[新年/生活]の季語

出典:青空文庫