生殺与奪の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

生かすも殺すも、与えることも奪うことも自分の思うままになること。絶対的な権力を握っていることをいう。
出典
『荀子じゅんし』王制おうせい
句例
生殺与奪の権を振るう
用例
三百の諸侯各一政府を設け、君臣上下の分を明あきらかにして生殺与奪の権を執り、その堅固なることこれを万歳に伝うべきが如ごとくなりしもの、<福沢諭吉・文明論之概略>
類語
活殺自在かっさつじざい 殺生与奪さっせいよだつ

生殺与奪の解説 - 学研 四字熟語辞典

生かすも殺すも、与えることも奪うことも、思いのままであること。絶対的な支配力や権力を持っていること。
注記
「生殺与奪の権けんを握る」などの表現で用いられる。
出典
『荀子じゅんし』王制おうせい
類語
活殺自在かっさつじざい

生殺与奪の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

生かしたり殺したり、与えたり奪ったりすること。他人をどのようにも思いのままにすること。「—の権を握る」

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。