• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

舞文曲筆の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

いたずらに言辞をもてあそび、事実を曲げて書くこと。▽「舞文」は言辞をもてあそぶ意で、事実を曲げて書くこと。また、法を曲げ解釈し、乱用すること。「曲筆」は事実を曲げて書くこと。「文ぶんを舞わしめ筆ふでを曲ぐ」と訓読する。「曲筆舞文きょくひつぶぶん」ともいう。
出典
「舞文」は『史記しき』貨殖伝かしょくでん、「曲筆」は『後漢書ごかんじょ』臧洪伝ぞうこうでん
句例
舞文曲筆を強制する
用例
彼等が協力してくれたと書いては願書としての効力もないし、舞文曲筆の要があるので骨が折れた。<井伏鱒二・黒い雨>

舞文曲筆の解説 - 学研 四字辞典熟語

いたずらに語句を飾りたて、また、事実をねじ曲げて文章を書くこと。
注記
「舞文」は、文章を飾りたてること。「曲筆」は、誇張したり、事実を曲げて書くこと。もとは法律の条文を都合よく解釈して、本来の主旨を曲げて適用させることをいった。「文ぶんを舞わしめ筆ふでを曲ぐ」と読み下す。「曲筆舞文きょくひつぶぶん」ともいう。
類語
舞文弄法ぶぶんろうほう

舞文曲筆の解説 - 小学館 大辞泉

故意に言葉をもてあそび、事実を曲げて書くこと。曲筆舞文。

キーワード[噓・偽り]の四字熟語

キーワード[文書・文章]の四字熟語