• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

舞文曲筆の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

いたずらに言辞をもてあそび、事実を曲げて書くこと。▽「舞文」は言辞をもてあそぶ意で、事実を曲げて書くこと。また、法を曲げ解釈し、乱用すること。「曲筆」は事実を曲げて書くこと。「文ぶんを舞わしめ筆ふでを曲ぐ」と訓読する。「曲筆舞文きょくひつぶぶん」ともいう。
出典
「舞文」は『史記しき』貨殖伝かしょくでん、「曲筆」は『後漢書ごかんじょ』臧洪伝ぞうこうでん
句例
舞文曲筆を強制する
用例
彼等が協力してくれたと書いては願書としての効力もないし、舞文曲筆の要があるので骨が折れた。<井伏鱒二・黒い雨>

舞文曲筆の解説 - 学研 四字熟語辞典

いたずらに語句を飾りたて、また、事実をねじ曲げて文章を書くこと。
注記
「舞文」は、文章を飾りたてること。「曲筆」は、誇張したり、事実を曲げて書くこと。もとは法律の条文を都合よく解釈して、本来の主旨を曲げて適用させることをいった。「文ぶんを舞わしめ筆ふでを曲ぐ」と読み下す。「曲筆舞文きょくひつぶぶん」ともいう。
類語
舞文弄法ぶぶんろうほう

舞文曲筆の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

故意に言葉をもてあそび、事実を曲げて書くこと。曲筆舞文。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。