(梵)prajñā; (パーリ)Paññāの音写

  1. 仏語。悟りを得る智慧 (ちえ) 真理把握する智慧。

  1. 能面の一。2本の角、大きく裂けた口をもつ鬼女の面。女性の憤怒 (ふんぬ) と嫉妬 (しっと) とを表し、「葵上 (あおいのうえ) 」「道成寺」などに用いる。面打ちの般若坊が始めたと伝える。般若面。

  1. 沈香 (じんこう) の一。伽羅 (きゃら) を用い、六十一種名香の一つに数えられる。

  1. 紋所の名。般若の面を図案化したもの。

  1. 船若面 (はんにゃづら) 」の略。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月