• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

良知良能の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人間が先天的にもっている知恵と才能のこと。後天的に獲得する学問や経験によるものではなく、人が生まれながらにもっている正しい心の働きと能力のこと。子が親を敬愛することの類たぐいをいう。▽孟子もうしの性善説せいぜんせつ(人間は本来、善良な生き物である、というもの)に基づく考え方。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん
句例
良知良能の欠落した人
用例
陽明派の良知良能、禅僧の心は宇宙の至粋にして心と真理と殆ほとんど一躰視するが如ごときは、基督(キリスト)教の心を備えたる後に真理を迎うるものと同一視すべからず。<北村透谷・各人心宮内の秘宮>
類語
生知安行せいちあんこう

良知良能の解説 - 学研 四字熟語辞典

生まれたときから身についている知恵と能力。経験や教育で学んだ知識ではない、自然に備わっている知恵や能力のこと。
注記
「良知」は、生まれながらの心の働き。「良能」は、生まれながらもっている才能。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん・上

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語

キーワード[知恵]の四字熟語