見性成仏の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

本来もっている自分の本性・仏心を見きわめて悟ること。すべての人が本来的に仏であることが体感としてつかみうることをいう。▽仏教語。特に禅宗の語。「見性」は自己の本性を見きわめること。
用例
直接自分の心を見つめて、人間の心の本性を悟ることでしょう。(中略)見性成仏なんてことばも、そのことを表現しているんだと教わったわ。<瀬戸内晴美・青鞜>
類語
見性悟道けんしょうごどう

見性成仏の解説 - 学研 四字熟語辞典

自分に本来備わっている仏になるべき性質を見極めて、悟りの境地に達すること。
注記
「見性」は、自分自身の本性を見極めること。「成仏」は、仏になること。中国、唐宋時代に禅宗で用いられて根本教義になった語。「見性」を「けんせい」と読み誤らない。

見性成仏の解説 - 小学館 大辞泉

見性によって悟りを得ること。見性悟道。

キーワード[悟り]の四字熟語

出典:青空文庫

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。