• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

養生喪死の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

生ある者を十分に養い、死んだ者を手厚く弔うこと。孟子もうしは、これを王道政治の始めとした。▽「養生」は父母や妻子を豊かに生活させる意。「生」は「じょう」とも読む。「生せいを養やしない死を喪そうす」と訓読する。
出典
『孟子もうし』梁恵王りょうけいおう
類語
養生送死ようせいそうし

養生喪死の解説 - 学研 四字熟語辞典

子供が親に安定した生活を送らせ、死んではとどこおりなく葬儀を行うこと。
注記
「生せいを養やしない死を喪そうす」と読み下す。孟子は、このことを民衆に心残りなくさせてやることが王道政治の第一歩であると説いた。
出典
『孟子もうし』梁恵王りょうけいおう・上

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。