• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ランベルトの解説 - 小学館 大辞泉

[1728~1777]ドイツの哲学者・数学者・物理学者・天文学者。ウォルフの理性論とロックの経験論とを結びつけて独自の認識論を立てた。また、ランベルト級数を発見し、双曲線関数を導入。光度計・熱度計・湿度計を発明して、光度に関する法則を立てた。天文学では彗星 (すいせい) の軌道についての定理を発見し、地図投影法も考案。