1. 三そうのふね。

  1. 平安時代、詩・歌・管弦にすぐれた者をそれぞれに分けて乗せた三そうの舟。みつのふね。

勝海舟高橋泥舟山岡鉄舟のこと。幕末の三舟。徳川の三舟。
  1. 秋季の3か月。初秋・仲秋・晩秋。陰暦の7・8・9月。 秋》

  1. 3回、秋を過ごすこと。3か年。「一日三秋」→三春

[名](スル)大ぜいの人が集まってくること。「全国から参集する」
[名](スル)材料を集めて、書物を編集すること。編纂。「博物誌を纂修する」
[名](スル)文書を集めて、書物にまとめること。編纂。編集。「藩史を纂輯する」

讃岐 (さぬき) 国の異称。

出典:青空文庫