[名](スル)強くいさめること。
  1. 石製の棺。日本では弥生時代に箱式のもの、古墳時代には箱式のほか、割り竹形・舟形・長持ち形・家形のものがある。

  1. 1986年に発生したチョルノービリ原発事故で、炉心溶融を起こし爆発した4号炉からの放射性物質拡散防止するために、応急措置として建設されたコンクリートの建造物。

[名](スル)《漢の孝成帝が、朱雲の強いいさめを怒り、朝廷から引きずり出そうとしたとき、朱雲が欄檻 (らんかん) につかまったため、それが折れたという「漢書」朱雲伝の故事から》
  1. 厳しくしかったり、こらしめの体刑を加えたりすること。「子供を—する」

  1. 強くいさめること。厳しく諫言 (かんげん) すること。

    1. 「をりをりの御—にてこそ候へ」〈謡・仲光〉

[名](スル)全紙を二つ切りにして短い手紙を書くこと。また、その短い手紙

寺の門前や仏堂の前に立てる、先に炎形の宝珠をつけた長い竿。

摂政関白

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月