• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

貝殻が渦巻き状をしている貝類。巻き貝。

[接尾]

  1. 人を表す名詞代名詞などに付く。

    1. ㋐複数で、一つにとどまらないこと、その他にも同類があることの意を表す。「君等」

      「藤原のときざね、橘のすゑひら、長谷部のゆきまさ―なむ御館 (みたち) より出でたうびし日より」〈土佐

    2. ㋑謙遜 (けんそん) または蔑視の意を表す。「私等」「お前等」

      「憶良―は今は罷らむ子泣くらむそれその母も吾を待つらむぞ」〈・三三七〉

    3. ㋒親愛の意を表す。

      「かもがと我 (わ) が見し子―かくもがと我 (あ) が見し子に」〈・中・歌謡〉

  1. 名詞に付く。

    1. ㋐語調を整える。「野等」

      「豊国の企救 (きく) の高浜高々に君待つ夜―はさ夜更けにけり」〈・三二二〇〉

    2. ㋑事物をおおよそに示す意を表す。「今日等」

      「この男の友だちども集まり来て、言ひなぐさめなどしければ、酒―飲ませけるに」〈平中・一〉

  1. 指示代名詞に付いて、事物・方向・場所などをおおよそに示す意を表す。「あち等」「ここ等」「いく等」

    1. 「山ならねども、これ―にも、猫の経 (へ) あがりて」〈徒然・八九〉

  1. 形容詞語幹擬態語などに付いて、その状態であるという意の名詞または形容動詞の語幹をつくる。

    1. 「あなみにく賢 (さか) し―をすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似る」〈・三四四〉

    2. 「浜に出でて海原見れば白浪の八重折るが上に海人小舟はら―に浮きて」〈・四三六〇〉
    3. 達 (たち) [用法]