乱臣賊子の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

国に害を与える悪い家臣と、親の心に背いて悪事をはたらく子供。人の踏み行うべき道に外れ、悪事をはたらく者の意。▽「乱臣」は主君の恩情に背き国を乱す家臣のこと。主君に反逆する家来。「賊子」は親不孝なことをして、悪い道に入ってゆく子供の意。
出典
『孟子もうし』滕文公とうぶんこう
句例
乱臣賊子がはびこる
用例
血を流すことはもとより厭いとうまい。しかし道をあやまって流せば、後世ぬぐうべからざる乱臣賊子の汚名を着る。<司馬遼太郎・燃えよ剣>
類語
逆臣賊子ぎゃくしんぞくし 乱臣逆子らんしんぎゃくし

乱臣賊子の解説 - 学研 四字熟語辞典

国を乱す悪い家臣と、親に背いて害をなす子ども。不忠不孝の者。
出典
『孟子もうし』滕文公とうぶんこう・下
用例
親を棄て、家を棄てて首尾よく乱臣賊子となりたるは沙汰さたの限りの不埒者ふらちもの…。〈徳冨蘆花・自然と人生〉

乱臣賊子の解説 - 小学館 大辞泉

《「孟子」滕文公下から》国を乱す臣下と親を害する子。

キーワード[君臣・師弟・上司と部下]の四字熟語

キーワード[不誠実]の四字熟語

出典:青空文庫

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。