• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

多岐亡羊の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

枝道が多いため逃げた羊を見失うように、どれを選んだらよいのか思案にあまることのたとえ。道を求める者が末節にこだわり、真理に到達し難いこと。学問の道があまりに細分化しすぎ、真理が見失われがちになるたとえ。▽「岐」は枝道・分かれ道。「亡」は逃げる意。「岐おおくして羊ひつじを亡うしなう」と訓読する。
出典
『列子れっし』説符せっぷ
句例
多岐亡羊のそしりを免れない
用例
世人をしてその帰着するところを知らず、多岐亡羊の感を起こさしむるに至れり。<正岡子規・獺祭書屋俳話>
類語
岐路亡羊きろぼうよう 亡羊之嘆ぼうようのたん
故事
中国戦国時代、羊一匹が逃げたので、それを大勢で追いかけたが分かれ道が多いため、取り逃がしてしまった。それを聞いた隣家の思想家楊朱ようしゅは、学問も同様であると深く悲しむ様子をしたという故事から。

多岐亡羊の解説 - 学研 四字熟語辞典

分かれ道が多すぎて、逃げた羊を見失う意から、学問の道は末節にとらわれず、根本を追い求めなければ真理に到達できないということ。転じて、方針や選択肢が多すぎてどれを選んだらよいか迷うこと。
注記
「多岐」は、分かれ道の多いこと。「亡」は、逃げる。「岐おおくして羊ひつじを亡うしなう」と読み下す。
故事
中国戦国時代、逃げた一匹の羊を大勢で追いかけたが、道が幾筋にも分かれていたため取り逃がしたという話を聞いた思想家の楊朱ようしゅが、学問も同様であると言ったという。
出典
『列子れっし』説符せっぷ

多岐亡羊の解説 - 小学館 大辞泉

《枝道が多すぎて逃げた羊を見失ってしまったという「列子」説符の故事から》学問をする者が枝葉末節にとらわれると、本質を見失うこと。また、学問の道が多方面に分かれすぎると真理を求めにくくなること。方針が多すぎて、どれをとるべきかに迷うことのたとえ。亡羊の嘆。

キーワード[学問・学習]の四字熟語

キーワード[迷い・迷う]の四字熟語