• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

積善余慶の解説 - 学研 四字熟語辞典

善をなせば、見かえりとしてよい事が必ずあるということ。善行を積んだ家には、子孫の代にまで及ぶ幸福が必ず訪れるという意味
注記
「積善」は、長い間にわたって善を積むこと。「余慶」は、子孫まで何代も続く幸福。「積善せきぜんの家いえに余慶よけいり」の略。
出典
『易経えききょう』坤こん・文言ぶんげん
用例
伝吉はその後のち家富み栄え、楽しい晩年を送りました。積善せきぜんの家に余慶よけいありとは誠にこの事でありましょう。南無阿弥陀仏なむあみだぶつ。南無阿弥陀仏なむあみだぶつ。〈芥川龍之介・伝吉の敵打ち〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。