《「はちす」の音変化》スイレン科の水生の多年草。根茎は節が多く、晩秋に末端部が肥厚し、蓮根 (れんこん) といい、食用。葉は円形で長い柄をもち水上に出る。夏、水上に花茎を伸ばし、紅・淡紅・白色などの大きな花を開く。花のあと、花托 (かたく) が肥大して逆円錐状になり、ハチの巣のような穴の中に種子ができ、食用。インドの原産で、古く中国から渡来し、池・沼などに栽培される。蓮華 (れんげ) 。 花=夏 実=秋》「夜の―に婚礼の部屋を開けはなつ/誓子

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

[秋/植物]の季語