• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

造次顚沛の解説 - 学研 四字熟語辞典

一瞬でも怠りなく努めること。また、わずかな時間のこと。とっさの場合突然一瞬君子は、つまずいて転ぶようなわずかな時間でも、仁の道を忘れることはないという意から。
注記
「造次顚沛にも、仁じんに違たがわず」の略。「そうしてんぱい」とも読む。「造次」は、急にあわただしくなるさま。「顚沛」は、つまずき、ひっくり返ってうろたえるさま。転じて、とっさの場合や危険な時のこと。
出典
『論語ろんご』里仁りじん
用例
所謂いわゆる妙想を楽しむことを知らねば、造次顚沛行住坐臥ぎょうじゅうざがも、其そのためにするところを問へば皆肉慾にくよくにあらざるはなし。〈坪内逍遥・小説神髄〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。