1. 品質や機能が長い間変わらずに続くこと。「値段は高いが持ちがいい」

  1. 所有すること。「持ち時間」「物持ちの人」

  1. 引き受けること。受け持つこと。負担。「費用は先方持ちだ」

  1. 歌合わせ・囲碁・将棋などの勝負で、引き分けになること。持 (じ) 。

  1. 陰暦十五夜の月。満月。もちづき。

  1. 陰暦で、月の15日。もちの日。

    1. 「富士の嶺に降り置く雪は六月 (みなづき) の―に消 (け) ぬれば」〈・三二〇〉

《「もちい」の略で、糯 (もち) で作ったものの意》糯米 (もちごめ) を蒸して臼でついて、種々の形にまとめたもの。正月や節句、祝い事に用いられる。広くは、糯米以外の穀類で作るものをもいう。

黍 (きび) などで、炊いたときに粘りけが多く、餅 (もち) を作ることができるもの。→粳 (うる) 

《「糯 (もち) 」と同語源》

  1. モチノキの別名。 花=夏 実=秋》

  1. モチノキなどの樹皮を水に漬けてから煮て作る粘りけの強いもの。小鳥などを捕らえるのに使用。とりもち。

[副]もちろん」の略。「『君も行くかい』『もち、行くさ』」

出典:gooニュース

出典:青空文庫