一唱三嘆の解説 - 学研 四字辞典熟語

一度うたう間に何度も感嘆する意から、優れた詩文をほめたたえていうことば。
注記
「三」は、「何度も」の意。「嘆」は、感動してつくため息。もとは、天子の祖先をまつる宗廟そうびょうの祭に音楽をかなで、一人がうたえば三人がそれに和してうたったことをいう。
表記
「唱」は「倡」、「嘆」は「歎」とも書く。
出典
『礼記らいき』楽記がくき
類語
一読三嘆いちどくさんたん

一唱三嘆の解説 - 小学館 大辞泉

《礼記「楽記」から。一人が歌うと三人がこれに和して歌う意》一度詩文を読んで、何度も感嘆すること。すぐれた詩文などをほめるのに用いる。一読三嘆。

キーワード[感嘆・感動]の四字熟語

キーワード[詩歌]の四字熟語

キーワード[文書・文章]の四字熟語

出典:青空文庫