• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

微言大義の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

簡潔な言葉の中に、深い意味や道理が含まれていること。微妙な表現の中に含まれた奥深い道理。「微言」は微妙な言葉、奥深い言葉の意。もと孔子の言葉について評した語。また、孔子が筆削したとされる『春秋しゅんじゅう』の記述の法をいった語。
出典
『漢書かんじょ』芸文志げいもんし
句例
微言大義をくみ取る
類語
意在言外いざいげんがい 意味深長いみしんちょう 微言精義びげんせいぎ

微言大義の解説 - 学研 四字熟語辞典

簡潔な表現、あるいはまた微妙な言い回しの中に、奥深い意味や根本の道理が含まれていること。
注記
「微言」は、微妙なことば、奥深いことば。「大義」は、根本にある深い道理の意。孔子こうしのことばについて言ったもの。また、孔子が筆削したとされる『春秋しゅんじゅう』の記述法にふれたことば。
出典
『漢書かんじょ』芸文志げいもんし
類語
意味深長いみしんちょう

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。