大義名分の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人として、また、臣として国家や君主に対して守るべき道理・本分や節義。ある行為のよりどころとなる正当な理由や道理。▽「名分」は身分などに応じて、守るべき本分。
句例
大義名分が立つ
用例
そ奴らの中には、命がけで脱走を喰い止め、大義名分を説く奴あねえのか。<子母沢寛・勝海舟>

大義名分の解説 - 学研 四字辞典熟語

人として、また臣として守るべき道理と本分。転じて、ある行為のよりどころとなる正当な理由づけ、また、建前としての理由づけ。
注記
「大義」は、人として、臣として踏み行うべき重大な道理。「名分」は、身分に伴って守るべき本分。
表記
「名分」を「名文」「命分」などと書きちがえない。
類語
大義滅親たいぎめっしん

大義名分の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 人として、また臣として守るべき道義と節度。「大義名分にもとる」

  1. 行動のよりどころとなる道理。また、事を起こすにあたっての根拠。「大義名分が立つ」

キーワード[主義]の四字熟語

キーワード[道理・筋道]の四字熟語

出典:青空文庫