[動ラ五(四)]《「」の動詞化》
  1. 空が、雲や霧などで覆われる。「どんよりと―・る空」

  1. 透明な物や光っていた物などが、他の物に薄く覆われたりさえぎられたりして、よく見通せない。輝きのない状態になる。「鏡が―・る」「涙で目が―・る」

  1. 悲しみや心配事のために、心や顔つきなどに明るさが失われて沈んだ状態になる。「悲しげに―・った表情」「声が―・る」

  1. 容姿などが地味すぎて映えない。

    1. 「御容貌 (かたち) など、いと華やかにここぞ―・れると見ゆるところなく」〈・初音〉

  1. で、能面が少し下向きになる。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉