• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

柳緑花紅の解説 - 学研 四字熟語辞典

美しい春の眺めの形容。また、本来の自然のままで手を加えていないこと。
注記
「柳やなぎは緑みどり、花はなは紅くれない」と読み下す。禅宗では、悟りを開いたことをさして使われる。「花紅柳緑かこうりゅうりょく」ともいう。
用例
「柳緑花紅やなぎはみどりはなはくれない」の札の辻を、逢坂山おうさかやまをあとにして、きわめて人通りの乏しい追分の道を、これだけの挨拶で、両人は口を結んだまま、竜之助の方が一足先で、高屐こうげきの武士はややあとから、進み行くこと数町。〈中里介山・大菩薩峠 壬生と島原の巻〉
類語
柳暗花明りゅうあんかめい

柳緑花紅の解説 - 小学館 大辞泉

キーワード[景色]の四字熟語

キーワード[自然]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。