• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

相碁井目の解説 - 学研 四字熟語辞典

人にはおのずと力の差があるもので、何事につけ、実力の違いがあるものだということを碁の勝負にたとえていうことば。
注記
「相碁」は、実力差がない者どうしが打つ碁。「井目」は、碁盤上の九つの点。また、実力に大差があるとき、この九つの点にあらかじめ石を置くハンデを下の者がもらって対戦すること。「相」を「そう」、「井」を「い」と読み誤らない。
表記
「碁」は、「棋」とも書く。

キーワード[懸隔・差異]の四字熟語

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語

キーワード[趣味]の四字熟語