• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

肝脳塗地の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

むごたらしい死にざまや殺され方のこと。また、忠誠を誓って、どんな犠牲も惜しまないことのたとえ。死者の腹から内臓が飛び出し、頭が割られて脳味噌のうみそが出て泥まみれになっているさま。死者肝臓や脳が泥まみれになっている意から。▽「肝脳」は肝臓脳髄。「塗地」は土まみれになること。また転じて、戦いに負けるさま。「塗」はまみれる意。一般に「肝脳かんのうに塗まみる」と訓読を用いる。
出典
『史記しき』劉敬伝りゅうけいでん

肝脳塗地の解説 - 学研 四字熟語辞典

戦場でむごたらしい死に方をすること。また、忠誠を誓って、どんな犠牲もいとわないほどの意気のたとえ。
注記
「肝脳」は、肝臓と脳髄。「塗地」は、泥まみれになること。死者の肝臓や脳髄が飛び出し、泥まみれになっているという意から。「肝脳かんのう、地に塗まみれる」と読み下す。
出典
『史記しき』劉敬りゅうけい
類語
一敗塗地いっぱいとち
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。