1. 麻糸を空洞の玉のように巻いたもの。おだま。

  1. キンポウゲ科の多年草。ミヤマオダマキから栽培改良されたもの。高さ20~30センチ。全体に白粉を帯び、葉は長い柄をもち、扇形の小葉からなる複葉。初夏、青紫色または白色の花を下向きにつける。花びら状で同色の萼 (がく) があり、花びらの基部は距 (きょ) となって曲がる。 花=春》「雲行きて―の花も家もなし/秋桜子

  1. 和菓子の一。餡 (あん) 入りの求肥飴 (ぎゅうひあめ) の上に、そば粉でいくつもの筋をつけたもの。

  1. イトカケガイの別名。

  1. 苧環蒸 (おだまきむ) し」の略。

  1. 紋所の名。籰 (わく) に糸を打ち違えに巻きつけた形。

  1. 枝も葉もない枯れ木。

    1. 「朽ちねただ思ひくらぶの山高み立つ―は知る人もなし」〈夫木・二九〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉

[春/植物]の季語