• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

螳螂之斧の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

弱者が自分の力をわきまえず、強者に立ち向かうことのたとえ。▽「螳螂」はかまきり、「斧」はかまきりのかま。
出典
『韓詩外伝かんしがいでん』八
句例
螳螂の斧に過ぎない
用例
その敵勢を迎えて、徳川譜代ふだい最後の血戦をいどもうとしている黒菅二万三千石の戦いが螳螂の斧のはかないあがきにすぎないことは、陸奥の胸にも火をみる程にあきらかなことであった。<田宮虎彦・落城>
類語
螳臂当車とうひとうしゃ 螳螂之力とうろうのちから 蚊子咬牛ぶんしこうぎゅう
故事
せいの荘公そうこうが猟に出たとき、その車にかまきりが足を上げて立ち向かったという故事から。

螳螂之斧の解説 - 学研 四字熟語辞典

弱者がその実力をかえりみず、身のほど知らずに強者に反抗すること。
注記
「螳螂」は、カマキリ。「斧」は、カマキリのかま。
表記
「螳螂」は、「蟷螂」とも書く。
故事
中国春秋時代、斉せいの荘公そうこうが猟に出たその車に、カマキリがかまを振り上げて立ち向かい、荘公は勇者であるとほめたという。
出典
『韓詩外伝かんしがいでん』八
類語
猿猴捉月えんこうそくげつ