• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

賢良方正の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

賢く善良で行いが正しいこと。また、その人。また、漢唐以降の官吏登用試験の科目の名。▽「賢良」は賢く善良なこと。「方正」は行いが正しいこと。
出典
『漢書かんじょ』董仲舒伝とうちゅうじょでん

賢良方正の解説 - 学研 四字熟語辞典

①賢くて善良であり、行いもきちんとして正しいこと。②中国漢の時代を通じて採用された郷挙里選きょうきょりせんという官吏登用の科目の一つ。
注記
「賢良」は、賢くて善良なこと。「方正」は、行いがきちんとして正しいこと。郷挙里選は、中央から派遣された役人が任地の人材を中央に推薦する制度。
出典
『漢書かんじょ』董仲舒とうちゅうじょ
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月