身分の低い役人。特に、中世荘園現地実務を行った荘官のこと。京都にいる荘官上司に対していう。げす。

禅宗で、書記のこと。

二十四節気の一。太陽黄経 (こうけい) が90度に達する日をいい、太陽暦で6月21日ごろ。太陽中心夏至点通過し、北半球では昼が最も長く、夜が最も短い日。 夏》「白衣著て禰宜 (ねぎ) にもなるや—の杣 (そま) /蛇笏」⇔冬至 (とうじ) 

式部省のこと。律令制で、官の解免をつかさどったところからいう。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月