[名](スル)南へ向かって進むこと。「船は一路南下する」⇔北上

カボチャのこと。

南側に差し出た枝。南枝。

南華真経」の略。
の寓話には変わったものが多いところから》変わり者。変人。また、とりとめもないことを言う者。
    1. 「うつけたる者を今も―と名付くるなり」〈仮・浮世物語・一〉

[名](スル)
  1. かたい物がやわらかくなること。固形物質が加熱によってやわらかくなり、変形しやすくなること。また、物をやわらかくすること。⇔硬化

  1. 主張・態度をやわらげ、穏やかになること。また、穏やかにすること。「深夜に及ぶ説得に態度を軟化させる」⇔硬化

  1. 取引で、相場が下がり気味になること。⇔硬化

  1. 硬水中のカルシウムマグネシウムを取り除き、軟水にすること。

  1. 野菜の食用部分を白くやわらかに生長させること。軟白。

  1. 鋳造貨幣以外の貨幣。紙幣。

  1. 国際金融上、金または米ドルなどの外貨と交換できない通貨。→硬貨

[名](スル)むずかしさを増すこと。「入学試験が年々難化する」
[副助]《代名詞「なに」に副助詞「か」の付いた「なにか」の音変化から》名詞、名詞に準じる語、活用語の連用形、一部の助詞などに付く。
  1. 一例を挙げて示す。…など。「この着物なんかお似合いです」「映画なんかよく行く」

  1. ある事物を例示し、それを軽んじていう意を表す。…など。「彼の言うことなんか聞くな」「君になんかわからない」

[連語]なにか」の音変化。「何か欲しいものはありませんか」

出典:gooニュース

出典:青空文庫