厚顔無恥の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

厚かましく、恥知らずなさま。他人の迷惑などかまわずに、自分都合思惑だけで行動すること。▽「厚顔」は厚かましいこと。ずうずうしいさま。面の皮が厚いこと。「無恥厚顔むちこうがん」ともいう。
出典
『文選もんぜん』孔稚珪こうちけい「北山移文ほくざんいぶん
句例
厚顔無恥な面々
用例
いかに私が厚顔無恥でも、今更ここのママに泣きつくわけにはいかなかった。<檀一雄・火宅の人>
類語
寡廉鮮恥かれんせんち
活用形
〈―ナ〉

厚顔無恥の解説 - 学研 四字熟語辞典

厚かましくて、恥知らずなこと。他人の迷惑など考えずに自分勝手に行動すること。
注記
「厚顔」は、厚かましいこと。「無恥厚顔むちこうがん」ともいう。
表記
「厚顔」を「紅顔」、「無恥」を「無知」と書きちがえない。
出典
『文選もんぜん』孔稚珪こうちけい「北山移文ほくざんいぶん
類語
寡廉鮮恥かれんせんち

厚顔無恥の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[名・形動]ずうずうしくて恥知らずなこと。また、そのさま。無恥厚顔。

[自分勝手]の四字熟語

[ずうずうしい]の四字熟語

[恥]の四字熟語

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。