• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吟風弄月の解説 - 学研 四字辞典熟語

自然の風物や景色を題材にして詩歌を作ること。
注記
「吟風」は、風に吹かれながら詩歌を吟じること。「弄月」は、月を眺めて観賞すること。「風かぜに吟ぎんじ月つきを弄もてあそぶ」と読み下す。
出典
『伊洛淵源録いらくえんげんろく
類語
嘯風弄月しょうふうろうげつ

キーワード[詩歌]の四字熟語

キーワード[風流]の四字熟語