• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

放胆小心の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

文章を書くとき、初めは思い切って大胆に表現して書くのがよく、ある程度習熟してからは細かい点に注意を払って、よく字句を練るのがよいこと。また、この二つの文体。▽「放胆」は修辞や文法の規則からは、少しはずれても思い切って大胆に表現すること。また、その文。「小心」は細かい点に注意を払って、よく字句を練ること。また、その文。
出典
『文章軌範ぶんしょうきはん

放胆小心の解説 - 学研 四字熟語辞典

文章を書くとき、まずはじめは大胆に、習熟してからは細心の注意を払って字句を練るのを理想とすること。また、この二つの文体。
注記
「放胆」は、思いきり大胆にすること。「小心」は、気が小さいこと。また、細心の注意を怠らないこと。ここでは後者の意。
表記
「小心」を「少心」「傷心」などと書きちがえない。
出典
『文章軌範ぶんしょうきはん

キーワード[文書・文章]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。