• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

斎戒沐浴の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

神仏に祈ったり神聖な仕事に従事したりする前に、飲食や行動を慎み、水を浴びて心身を清めること。▽「斎戒」は物忌みをすること。神をまつるときなどに、心身を清め汚れを去ること。「沐浴」は髪やからだを洗い清めること。「沐浴斎戒もくよくさいかい」ともいう。
出典
『孟子もうし』離婁りろう
句例
斎戒沐浴して神仏に祈る
用例
そしてとりあえず清右衛門と二人、斎戒沐浴して神牌しんぱいを社殿におさめ、浄誉とつれだって江戸へもどった。<杉本苑子・玉川兄弟>
類語
精進潔斎しょうじんけっさい
活用形
〈―スル〉

斎戒沐浴の解説 - 学研 四字辞典熟語

神聖な儀式の前に、からだを清め、飲食や行動を慎むこと。神仏に祈ったりする前には、酒や肉を断って、物忌ものいみをすること。
注記
「斎」は、心の不浄を清めること。「戒」は、過ちをいましめること。「沐浴」は、髪やからだを湯水で洗い清めること。「沐浴斎戒もくよくさいかい」ともいう。
表記
「斎」を「斉」と書きちがえない。
出典
『孟子もうし』離婁りろう・下
類語
精進潔斎しょうじんけっさい

斎戒沐浴の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)飲食や行動を慎み、からだを洗って心身のけがれを取ること。

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語