• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

煩悩菩提の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

悟りの障害となる人間の迷いの煩悩も、そのまま悟りにつながるきっかけとなること。悟りも悟りの実現を妨げる煩悩も、永久不変の真如しんにょの現れであり、人間の本性であるから、本来別のものでなく、二つは一体であるということ。また、迷いがあって初めて悟りもあるという意。▽大乗仏教の言葉。「煩悩」は心身を悩ます欲情の心の働きの意。「菩提」は一切の迷いのない悟りに至る境地の意。「煩悩即そく菩提」の略。
出典
『六祖壇経ろくそだんきょう

煩悩菩提の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教のことばで、煩悩があって初めて悟りの境地にも達せられるのだから、本来人間にとっての本性である煩悩と菩提は一体であるとする考え方。
注記
大乗仏教の考え方。「煩悩」は、人間をはじめ衆生しゅじょうをわずらわし悩ませる一切の欲望。「菩提」は、煩悩を断ち切って悟りを得ること。また、その境地。「煩悩ぼんのうそく菩提ぼだい」の略。
出典
『六祖壇経ろくそだんきょう