• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 奈良興福寺修二会 (しゅにえ) の際、大和猿楽四座によって夜ごと薪をたいて演じられた神事能。幕末で廃絶したが、近年復興し、5月11日・12日に行われる。 夏》

  1. 夕方から夜にかけ、野外で薪をたいて行われる能。1をまねて戦後興ったもので、多くの社寺で行われる。

[補説]書名別項。→薪能

立原正秋の短編小説。昭和39年(1964)「新潮」誌に発表。