《動詞「き(霧)る」の連用形から》

  1. 地表や海面付近で大気中の水蒸気が凝結し、無数の微小な水滴となって浮遊する現象。古くは四季を通じていったが、平安時代以降、秋のものをさし、春に立つものを霞 (かすみ) とよび分けた。気象観測では、視程1キロ未満のものをいい、これ以上のものを靄 (もや) とよぶ。 秋》「―しばし旧里に似たるけしき有り/几董

  1. 液体を細かい水滴にして空中に飛ばしたもの。「霧を吹いてアイロンをかける」

[補説]書名別項。→
河井酔茗の詩集。明治43年(1910)刊行。それまでの定型詩から口語自由詩へと型を変えた記念碑的作品。
《原題、(スペイン)Nieblaウナムーノの小説。1914年刊行。「ニボーラ」という新語をあてて、これまでの写実主義的な小説(ノベーラ)とは異なる小説形態を編み出そうとした。