《動詞「明かす」の連用形から》

  1. ともし火。明かり。灯火。

    1. 「町の―が其処にも此処にも見える」〈花袋田舎教師

  1. 神仏に供えるともし火。灯明。みあかし。

兵庫県南部、明石海峡に面する市。もと山陽道・四国街道の分岐点の宿駅で、松平氏の城下町。日本標準時子午線の東経135度が通る所に天文科学館がある。人口29.1万(2010)。
源氏物語第13巻の巻名。光源氏27歳から28歳。須磨から明石への移住、明石の上との恋愛、帰京を描く。

《「灯 (あかし) 」と同語源》ある事柄が確かであるよりどころを明らかにすること。証明。証拠。「身の証を立てる」

[形ク]

  1. 明るい。

    1. 「月もいと限りなく―・くて出でたるを」〈大和・一五六〉

  1. まじりけがない。心が清い。

    1. 「然らば汝の心の清く―・きはいかにして知らむ」〈・上〉